create

富山(金沢)自由席往復きっぷの注意事項に「途中下車はできません。途中駅で下車された場合は前途無効となります」と書いてありました。

「途中下車をすると前途無効」・・・?どういう意味だろう。気になったので調べました。

途中下車をすると「前途無効」。分けて考えよう

まず、「前途無効」という言葉を「前途」と「無効」で分けて考えましょう。

前途とは

例えば金沢自由席往復きっぷは「行き」は富山から金沢、「帰り」は金沢から富山の往復きっぷです。

「行き」は富山から金沢なので、終着駅が金沢駅ですよね。なので、前途とは「金沢駅」までの道のり(行き先)のことを指します。

ところで、前途多難(ぜんとたなん)という言葉をご存知でしょうか。これからの道のり(行き先)に困難が待っているさまを表す四字熟語なんですが、聞きなれている方も多いと思います。

「前途」ってそういう意味だったんだなぁと、ようやく理解できました。

無効とは

続いて無効について。前途「金沢駅」まで乗車できるのに、途中の停車駅である新高岡駅で降りた場合は、前途が「無効」となります。

「無効」は字の通り「効果が無くなりますよ」という意味ですね。

なので、一度降りてしまうと、行きの乗車券は回収されてしまい、前途である「金沢駅」までの運賃の払い戻しもありません。

つまり「前途無効」とは、こういう意味

富山(金沢)自由席往復きっぷの注意事項に「途中下車はできません。」と書いてあるのは、途中下車はできるけど、降りたら切符は回収しますし、本来の目的地までの運賃も払い戻しはしませんよ、という意味が込められているんですね。

もちろん富山(金沢)自由席往復きっぷは一例ですので、切符などに「前途無効」というルールがあれば、上記の意味なんだなぁと理解しました。なるほどね~。

このページをお気に入りする

shareこのページを教える

ほくラクの更新情報を受け取る

北楽 - ほくラク -
create

寄稿者募集

北陸地方の魅力や北陸新幹線を利用した「楽しかった」「面白かった」体験や旅行記を「ご自身の言葉」で伝えてみませんか。また、現在ブログなどの媒体をお持ちの方や、SNSなどでの発信が好きな方は、「ほくラク」へ寄稿しませんか。

寄稿について 詳細はこちら

お気に入りのページを保存する?

ほくラク ご利用ガイド

ほくラクが提供する3つの検索サービス

train
ルート検索
北陸新幹線を走る4つの列車「かがやき」「はくたか」「あさま」「つるぎ」の時刻表や停車・通過駅を検索できます。
arrow_forward
card_travel
ツアー検索
旅行・観光は「切符+宿泊先」が付いたツアーがオトク!北陸はもちろん、全国のツアーを検索できます。
arrow_forward
hotel
宿泊先検索
急な出張や観光旅行の際に是非ご利用ください。周辺の宿泊先を検索できます。
arrow_forward
close