create

観光列車「花嫁のれん」の外観はとても綺麗で豪華でしたね〜。その時の様子は以下のページにまとめてありますので、よろしければご参考ください。

外観がこれだけ素晴らしいものなら「車内はどうなっているのか?」と気になりますよね。というわけで、車内を撮影してきましたので一部ご紹介します。

車内販売があるよ!

1号車の後ろには車内販売スペースがあります。ここから列車に乗り込んだのですが、至るところに装飾がされており、豪華さに圧倒されてしまいました・・・ちなみに下の写真の右側には石川県の伝統的な工芸品などが飾られています。(どんなものが飾られていたのか、後ほどまとめますね)

車内販売スペースでは、扉の装飾がとても良かったことが印象に残っています。

hanayomenorentravel12

hanayomenorentravel36

車内販売スペースでは、イヤリング・クリアファイル・水引コースターなどのお土産や、お酒・おつまみなどが販売されています。

hanayomenorentravel34

1号車の座席や内装について

1号車の座席は8つの半個室となっており、通路には石が敷かれています。「ほんとにここは、電車の中なのか・・・?」ってなりますよね(笑)

hanayomenorentravel21

下の写真は奥が「青の間」で、手前が「錦秋の間」です。席によってはテーブルの他に、荷物が置ける台があります。

hanayomenorentravel30

下の写真は「笹の間」です。窓の方向に向かって椅子やテーブルが設置されている席もあります。

hanayomenorentravel15

「青の間」です。模様がとても綺麗・・・!

hanayomenorentravel14

下の写真は「桜梅の間」です。

hanayomenorentravel13

他にも「撫子の間」「扇絵の間」「鉄扇の間」「菊の間」が1号車にありますが、私は「菊の間」の席に座っていました。

2号車の座席や内装について

2号車の座席の配置や内装は下のような感じでした。

hanayomenorentravel32

hanayomenorentravel33

hanayomenorentravel20

2号車にも窓側に向いている席やテーブルがあります。

hanayomenorentravel17

窓側に向いている席に座る場合は注意

「花嫁のれん」に乗車する方はどの席に座ろうか(座席予約しようか)、迷ってしまう方も多いのではないかと思います。

1,2号車に共通して言えることなのですが、窓側に向いている席は列車の進行方向に対して横向きで座ることになります。

ですので、乗り物酔いが起こりやすい方は気をつけたほうがいいです。椅子の方向は変えられるので、気分が悪くなる前に対処しておくことをおすすめします(実際にこの席に座っている方が気分が悪くなって、他のお客さんと席を交代する場面を見ました)

2号車のイベントスペース

イベントスペースの壁にはモニターがあって「花嫁のれん」についての紹介VTRが流れていました。

hanayomenorentravel18

また、添乗員さんが着ていた着物が飾られており、乗車記念スタンプもありました。

hanayomenorentravel35

まとめ

外観も内観もほんとに魅力的で、観光列車に初めて乗った私としては、ただただ驚くばかりでした。

「花嫁のれん」のカラーでもある赤と金の配色が豪華さを引き立てており、素敵です。1号車・2号車の中は自由に行き来できるので、ぜひとも隅々まで見てみることをおすすめします!

このページをお気に入りする

shareこのページを教える

ほくラクの更新情報を受け取る

北楽 - ほくラク -
create

寄稿者募集

北陸地方の魅力や北陸新幹線を利用した「楽しかった」「面白かった」体験や旅行記を「ご自身の言葉」で伝えてみませんか。また、現在ブログなどの媒体をお持ちの方や、SNSなどでの発信が好きな方は、「ほくラク」へ寄稿しませんか。

寄稿について 詳細はこちら

お気に入りのページを保存する?

ほくラク ご利用ガイド

ほくラクが提供する3つの検索サービス

train
ルート検索
北陸新幹線を走る4つの列車「かがやき」「はくたか」「あさま」「つるぎ」の時刻表や停車・通過駅を検索できます。
arrow_forward
card_travel
ツアー検索
旅行・観光は「切符+宿泊先」が付いたツアーがオトク!北陸はもちろん、全国のツアーを検索できます。
arrow_forward
hotel
宿泊先検索
急な出張や観光旅行の際に是非ご利用ください。周辺の宿泊先を検索できます。
arrow_forward
close