create

新幹線で切符を買う時に「おとな」「こども」料金と支払う金額が違うのですが、一体何歳から「おとな」「こども」料金の設定がされているのでしょうか。

ふと疑問になったので調べました。もし機会がありましたらご参考ください。

年齢によって4つに区分けされています

まずは「おとな」「こども」の定義から。JR東日本では、年齢によって以下のように区分けされています。

おとな 12歳以上(12歳でも小学生は「こども」です)
こども 6歳~12歳未満(6歳でも小学校入学前は「幼児」です)
幼児 1歳~6歳未満
乳児 1歳未満

区分けの特徴としては、「小学校」に在学中かどうかで「幼児」「こども」「おとな」の解釈が違う、ということですね。

「こども」は「おとな」の半額で乗れる。だけど例外もある

「こども」の乗車券、特急券、急行券、指定席券は「おとな」の半額で乗れます。(5円の端数は切り捨て)

ただし、例外として以下の場合があります。

「おとな」料金がかかる例外

  • グリーン券
  • グランクラス
  • 寝台券
  • 乗車整理券
  • ライナー券

また、寝台券は 「おとな」1人と「こども」1人で、または「こども」2人で1つの寝台が利用できます。

「幼児」「乳児」は無料で乗れる。だけど例外もある

年齢が1歳~6歳(小学校入学前)の場合は「無料」で乗れます。切符代が要らないです。

ただし、例外として以下の場合があります。

「こども」料金がかかる例外

  • 「おとな」または「こども」1人に同伴される「幼児」の人数が2人を超える場合(3人目から「こども」の運賃・料金が必要です)。
  • 「幼児」「乳児」が1人で指定席、グリーン席(自由席グリーン車を除く)、寝台等を利用する場合。
  • 「幼児」が単独で旅行する場合。

まとめ

年齢によって「おとな」「こども」「幼児」「乳児」と4つに分けられていて、それぞれ条件が定められていて、料金が変わることは理解しました。

例えば・・・「おとな」1人、「幼児」または「乳児」1人の場合。「おとな」1枚、自由席を買って「幼児」「乳児」の自由席は無料なので、席を確保する為に、早めにホームに並んでいる方もいます。

今まであまり気にしていなかったんですが、そういう工夫した乗り方もありますね。

また、北陸新幹線にも関係あるグリーン券・グランクラスは「こども」の対象年齢でも「おとな」料金が必要だと。この機会に覚えておいた方がよさそうです。

このページをお気に入りする

shareこのページを教える

ほくラクの更新情報を受け取る

北楽 - ほくラク -
create

寄稿者募集

北陸地方の魅力や北陸新幹線を利用した「楽しかった」「面白かった」体験や旅行記を「ご自身の言葉」で伝えてみませんか。また、現在ブログなどの媒体をお持ちの方や、SNSなどでの発信が好きな方は、「ほくラク」へ寄稿しませんか。

寄稿について 詳細はこちら

お気に入りのページを保存する?

ほくラク ご利用ガイド

ほくラクが提供する3つの検索サービス

train
ルート検索
北陸新幹線を走る4つの列車「かがやき」「はくたか」「あさま」「つるぎ」の時刻表や停車・通過駅を検索できます。
arrow_forward
card_travel
ツアー検索
旅行・観光は「切符+宿泊先」が付いたツアーがオトク!北陸はもちろん、全国のツアーを検索できます。
arrow_forward
hotel
宿泊先検索
急な出張や観光旅行の際に是非ご利用ください。周辺の宿泊先を検索できます。
arrow_forward
close