place

先日参加させていただいた富山県主催の産地見学会では、富山県氷見市にある「ひみ番屋街」を見学しました。過去に「氷見フィッシャーマンズワーフ海鮮館」という建物が近くにあったのですが、その建物がこの「ひみ番屋街」として移設されリニューアルオープンとなった、というイメージでいいと思います。

ちなみにですが、産地見学会のしおりには以下のような説明書きがありました。

富山湾の海の幸、氷見うどん、氷見牛など、氷見でしか味わえない特産品にくわえ、新鮮な鮮魚や手の込んだ加工食品などの氷見土産も数多く揃える。定期的にイベントの開催もあり、氷見市の観光・食・産業の中枢となる地である。

ところで、ひみ番屋街の「番屋」って何ですか?

気になっている方も多いと思います。「番屋」とは、漁師の方が漁に出る際、拠点として寝泊まりや食事をする場所のことを呼びます。外観・内観は、その番屋をモチーフとしています。

ひみ番屋街の外観

内観(フードコード)

フードコートでは、海鮮はもちろん、氷見うどん・氷見牛カレー・氷見牛コロッケ・ラーメンなど、氷見にちなんだ食品を提供するフードコートがあります。開店前に見学させていただいたので、お店はほとんどがまだ準備中でした・・・。

観光案内所があります

番屋街の中には、氷見市の観光情報センターが併設されています。氷見について知りたい、観光スポットなどの情報を得たいという方は利用すればOKですね。

番屋街から少し離れた場所には、天然温泉を使った足湯が楽しめます。

時化(シケ)による漁の調子によっては休業となるお店もあるようです。漁師の店、入ってみたかった・・・

本記事では「ひみ番屋街」について、一部ご紹介します。

氷見産の寒締め野菜の販売

野菜は冬の寒さに当たると、凍結を避けるために体内の糖度を高めます。つまり、甘さが増すということですね。この特徴を利用してつくられた野菜が「寒締め野菜(かんじめやさい)」です。近年では寒締め野菜ではなく、雪中野菜(せっちゅうやさい)と呼ばれることもあります。

ほうれん草、にんじん、ふきのとう、生しいたけ、ねぎなど、販売されています。

このページをお気に入りする

shareこのページを教える

ほくラクの更新情報を受け取る

北楽 - ほくラク -
create

寄稿者募集

北陸地方の魅力や北陸新幹線を利用した「楽しかった」「面白かった」体験や旅行記を「ご自身の言葉」で伝えてみませんか。また、現在ブログなどの媒体をお持ちの方や、SNSなどでの発信が好きな方は、「ほくラク」へ寄稿しませんか。

寄稿について 詳細はこちら

お気に入りのページを保存する?

ほくラク ご利用ガイド

ほくラクが提供する3つの検索サービス

train
ルート検索
北陸新幹線を走る4つの列車「かがやき」「はくたか」「あさま」「つるぎ」の時刻表や停車・通過駅を検索できます。
arrow_forward
card_travel
ツアー検索
旅行・観光は「切符+宿泊先」が付いたツアーがオトク!北陸はもちろん、全国のツアーを検索できます。
arrow_forward
hotel
宿泊先検索
急な出張や観光旅行の際に是非ご利用ください。周辺の宿泊先を検索できます。
arrow_forward
close