mood

JR西日本が運営するインターネットで切符を購入(予約)できるサービス「e5489」ですが、先日、そのサービスの1つ「WEB早特1」について、利用するにはどんな条件があるのか、北陸新幹線で利用するといくらの金額になるのかを以下に書きました。

今回は、同じく「e5489」で、切符を安く購入できる以下の2つのサービスについて概要をまとめました。

  1. 「eきっぷ」
  2. 「e早特1」

もし機会がありましたらご参考ください。

まずは「eきっぷ」についてです。

1.「eきっぷ」とは

「eきっぷ」は、J-WESTカード会員に入会している方だけが利用できる、限定サービスです。

「eきっぷ」でできること

  • 北陸新幹線の(グランクラス・グリーン車・普通車)の指定席をいつでも予約ができるサービスです。
  • 乗車日当日でも予約をしたり、予約の変更ができます。北陸新幹線に乗る場合は、「eきっぷ」と同時に区間の「乗車券」も必要で、「e5489」で同時に購入することができます。
  • 切符受け取り前なら、指定列車の出発直前まで、携帯・スマートフォン・パソコンから何度でも無料で変更可能です。また、乗車日の前日なら「e早特1」への変更もできます。
  • 福井⇔東京間を移動する際など、北陸新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合にも利用できます。

「eきっぷ」でできないこと

  • 「eきっぷ」では事前申し込みサービス(切符発売日より1週間前の5:30から申し込みができるサービス)は使えません。事前申し込みができるのは通常の切符だけです。

「eきっぷ」で北陸新幹線の切符を買う場合の金額

北陸新幹線の切符(おとな・普通車・指定席・片道)を「eきっぷ」で購入した場合、以下の金額になります。(区間の乗車券を含んだ金額です。)

区間 通常金額 区間乗車券を含む、eきっぷの金額(通常との差額)
糸魚川 東京(都区内) 11,000円 10,360円(-640円)
黒部宇奈月温泉 11,860円 11,220円(-640円)
富山 12,730円 12,090円(-640円)
新高岡 13,580円 12,940円(-640円)
金沢 14,120円 13,480円(-640円)

(参照:北陸へはインターネット予約e5489でベンリでおトクに!|JRおでかけネット

上の表の区間では、通常で購入するよりも640円安く購入できることがわかります。(他の区間では料金が変わる場合があるのでご注意ください。)

というわけで、「eきっぷ」の概要でした。続いて「e早特1」についてです。

2.「e早特1」とは

「e早特1」も「eきっぷ」と同じく、J-WESTカード会員に入会している方だけが利用できる、限定サービスです。

「e早特1」でできること

  • 乗車日の前日23:00までの「変更を含む予約」で安く切符を購入できます。(区間・列車・設備・席数限定です。)

「e早特1」でできないこと

  • 切符の受け取り前後を問わず、予約後の変更はできません。

「eきっぷ」と比べると制限が多いですね。ですがその分、さらに切符を安く購入することができます。ここで、北陸新幹線で「e早特1」を利用した時の金額を見ましょう。

「e早特1」で北陸新幹線の切符を買う場合の金額

区間 通常金額 e早特1の金額(通常との差額)
糸魚川 東京(都区内) 11,000円 -
黒部宇奈月温泉 11,860円 -
富山 12,730円 10,880円(-1,850円)
新高岡 13,580円 11,650円(-1,930円)
金沢 14,120円 12,130円(-1,990円)

(参照:北陸へはインターネット予約e5489でベンリでおトクに!|JRおでかけネット

上の表を見ると、「e早特1」は利用できる区間が通常よりも制限されますが、その分、利用できる区間では金額が「eきっぷ」よりもさらに安く購入できることがわかります。

「eきっぷ」「e早特1」、それぞれの状況に合わせて使い分けるといいですね。乗車日が確定しているなら「e早特1」を利用しない手はないかな~と思います。

J-WESTカード会員に入会することが必須です

「eきっぷ」「e早特1」、どちらもJ-WESTカード会員限定で利用できるサービスです。もし会員になっていない場合は、インターネットでも会員登録手続きができます。

詳細はこちら 「カードを申し込む│J-WESTカード:JRおでかけネット」でご確認ください。

まとめ

「e5489」のサービス「eきっぷ」「e早特1」についての概要を書きました。北陸新幹線で利用した場合、通常で購入する場合と比べると、そのお得さがわかりました。

同じ「e5489」のサービス「WEB早特1」も含め、インターネットで切符を安く購入できることがわかりました。

ここで、JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」と比べて、どう使い分けをすればいいのか疑問が出ました。ちなみに3月14日より「えきねっと」「e5489」で北陸新幹線の切符を相互受け取りができるようになります。(参考:「えきねっと」で購入した北陸新幹線、JR東日本エリアの切符を受け取れる駅一覧

相互受け取りができるなら、「えきねっと」「e5489」で比較して、最も安く切符を購入すればいいのではないのかな・・・?その辺は、勉強して追々まとめようと思います。

このページをお気に入りする

shareこのページを教える

ほくラクの更新情報を受け取る

北楽 - ほくラク -
create

寄稿者募集

北陸地方の魅力や北陸新幹線を利用した「楽しかった」「面白かった」体験や旅行記を「ご自身の言葉」で伝えてみませんか。また、現在ブログなどの媒体をお持ちの方や、SNSなどでの発信が好きな方は、「ほくラク」へ寄稿しませんか。

寄稿について 詳細はこちら

お気に入りのページを保存する?

ほくラク ご利用ガイド

ほくラクが提供する3つの検索サービス

train
ルート検索
北陸新幹線を走る4つの列車「かがやき」「はくたか」「あさま」「つるぎ」の時刻表や停車・通過駅を検索できます。
arrow_forward
card_travel
ツアー検索
旅行・観光は「切符+宿泊先」が付いたツアーがオトク!北陸はもちろん、全国のツアーを検索できます。
arrow_forward
hotel
宿泊先検索
急な出張や観光旅行の際に是非ご利用ください。周辺の宿泊先を検索できます。
arrow_forward
close